RENT(レント)ミュージカル2018キャストまとめ!あらすじ動画や感想も

今年再来日公演となる『RENT』は過去にハリウッドで映画化もされており、現在でもアメリカでは各地で地方公演が行われているほど人気なミュージカルで日本を含む世界15か国で上映されています。

今回まだ『RENT』を観たことがない方のためにその魅力をまとめてみました!

         引用 Astage

スポンサードリンク

RENTのあらすじ

1990年代のニューヨーク、クリスマスイブの夜のこと。ミュージシャンのロジャーと映像作家のマークはとある元工場のビルで同居していました。ロジャーは恋人をHIVで亡くしてから引きこもりがちに、そして彼もまたHIV感染者でした。仕事がない2人は家賃(レント)を払えず滞納していましたが、そこへ大家となった元ルームメイトのベニーが家賃を請求しに来ます。べニーは2人が住むこのビルとホームレスであふれた隣の空き地に音楽スタジオを立てる計画を立てていました。

そんな中、マークの元恋人のモーリーンは抗議活動を計画していて、、ベニーはやめさせないなら出て行けと言い放ちます。

ロジャーとマークを中心に薬物中毒でロジャーの恋愛相手となるミミ、2人の元ルームメイトでゲイでありコンピューター哲学者のコリンズ、コリンズの恋愛相手でストリートドラマーのエンジェル、バイセクシャルでジョアンの現恋人のモーリーン(マークの元恋人)、その恋人で弁護士でありレズビアンのジョアンらが登場しますが、HIVや友情、愛、友人の死や社会問題などに直面そして葛藤し成長していく様を描いた作品です。

スポンサードリンク

キャストは?

今年のキャストはまだ公開されていないため、参考に前回のキャストをご紹介します。

マーク役 ローガン・マークス

 

 

 

 

 

 

 

ロジャー役 ローガン・ファリン

 

 

 

 

 

 

 

ミミ役 デリアンドラ・タッカー

 

 

 

 

 

 

 

ベニー役 マーカス・ジョン

 

 

 

 

 

 

 

コリンズ役 デヴィンレ・アダムス

 

 

 

 

 

 

 

モーリーン役 リンディ・モエ

 

 

 

 

 

 

 

エンジェル役 ジャボン・キング

 

 

 

 

 

 

 

ジョアン役 レンシア・ケヴェデ

 

 

 

 

 

 

 

引用元 ステージナタリー

 

今回のキャストは『マンマ・ミーア』『レ・ミゼラブル』『美女と野獣』など有名作品に出ている方々なんですね!

動画や感想は?

追記

8月3日に観てきました!やはり実力者揃いでダンスや演技はもちろんのこと、歌も声がものすごく通っていて素晴らしかったです!一番印象に残ったのはエンジェルですがメンバーのムードメーカー的存在で、2階から観ていても女性らしさが出ていたので男性が演じているように見えず、恋する女の子ってこんな感じだなぁととても可愛らしかったです^^エンジェルが亡くなるシーンでは会場内からすすり泣く声が響いて、恋人を亡くしたコリンズの切ない歌声を聞いているととても悲しい気持ちになりました。

Seasons of Loveを歌うシーンは見どころですよ!他にもレントファンの『ムー』というかけ声や場中の手拍子など演技以外も楽しめました^^金曜だからなのか比較的席もまだ余裕がありましたよ^^終わった後も拍手が鳴り止まず感動に包まれていて観に行って本当に良かったです!

 

RENTの中で歌われているSeasons of Loveはテーマ曲でもあるので、歌を知らない方はこの歌だけでも予習しておいた方いいですよ‼

今回初めて観たんですが、歌に圧倒されてしまいストーリーの内容を瞬時に理解することが難しいなと思いました。観に行く前に一度DVDで内容を確認して行ったほうがストーリーの展開もわかるので絶対オススメです‼レントにハマってCDも揃えるファンも多いですよ☆

 

レント ライヴ・オン・ブロードウェイ【Blu-ray】 [ レネー・エリス・ゴルズベリー ]はこちら

RENT/レント【Blu-ray】 [ ロザリオ・ドーソン ]はこちら

感想

映画も最高!

暇さえあれば舞台版と交互に観ています。今年も来日公演もあるし、初めて観る人は、これを観てからだとストーリーが分かりやすいと思います。とにかく音楽が全部いい!テーマは難しいところもあるけど、今の時代共感できる人が多いんじゃないかな。。薬はやっぱりダメ!ですけど。。

会場全体が泣いた!

出だしの歌からすでに鳥肌が立ちました。
そしてクライマックスにかけて、会場全体からすすり泣きではなく、嗚咽混じりの涙を堪えた声が聞こえてきました。狭い館内でしたが、まさに感動に包まれ、今までにない雰囲気を味わいました。
ミュージカル嫌いの人が見ると、会話の途中から歌に切り替わったり、会話が歌だったりと抵抗があるかもしれません。ただ、どの歌も命のこもった素敵な曲ばかりです。
是非、見ていない人に見せたい一枚です!!

引用 アマゾン

劇場では、みんなが一列になってテーマ曲であるSeasons of Loveを歌う姿が見どころで、20年前の作品なのに時代の変化を感じさせない上、ジャンルもロックやバラード、R&Bなど多彩です。

劇中、レントファン(レントヘッド)による掛け声などがあって会場が一体なる場面もあるので、ぜひ一度劇場で観てみてください(*´ω`)

最後まで読んでいただきありがとうございます。ではでは♪

スポンサードリンク