富士総合火力演習2018の倍率やチケット情報!駐車場やアクセスも

こんにちは。

早速ですが、今年の夏休みのお出かけはもうお決まりですか?

ディズニーランドやUSJ、北海道や沖縄などお出かけするにもハイシーズンで何かと出費もかかる時期ですね。

そんな時にぜひオススメの毎年大人気で倍率も高く、迫力もあってしかも無料‼︎で楽しめちゃうあるイベントが富士で開催されます。

それは

富士総合火力演習(総火演)

初めて聞く方もいらっしゃると思うので、簡単にご説明しますね!

陸上自衛隊による演習の一つで、普段見ることのできない戦闘車両や火砲などの実弾射撃、エアボーンやヘリコプターからのヘリボーンなど映画さながらの迫力を間近で体感できる展示演習です。ようは戦車が射撃するのを目の前で見れるということです。ざっくり言い過ぎ?f^_^;

平成28年の入場者数は約27000名もあり、その応募倍率はなんと約28倍‼と毎年倍率も上がってきているとても人気のあるイベントです。

スポンサードリンク

チケットの入手方法

6月16日から始まる募集期間の間に往復ハガキでの応募、もしくは防衛省陸上自衛隊の総合火力演習観覧の応募ページからインターネットで応募して当選する必要があります。かなりの倍率なので当たるのは運しだい!

周りに自衛隊関係者がいらっしゃれば、もしかするとチケットを入手なんてこともあるかもしれないですね!^ ^試したことはありませんが、どーしても見たい方は来場者向けの出店のアルバイトをする、もしくは当日会場や御殿場駅で4人組以下を見つけて一緒に入れてもらうなどの方法もありかも…ですが笑

1枚で最大4名まで入場できますが、安全上の理由から乳幼児の観覧は遠慮されているので、小学生以上のお子さんであれば家族で楽しめますね♪

当選した方には陸上幕僚監部により、当選はがき(入場券)が送られてきます。

当選の発表は7月下旬から8月上旬となります。

詳しくは陸上自衛隊のHPに載っています。

チケットの種類は?

チケットの種類はマイカーを希望であれば駐車券付き(自衛隊が用意している駐車場)、また電車などの公共交通機関でいかれる場合は駐車券なし、29歳以下の方が1人でも同伴であれば青少年券、30歳以上であれば一般券での応募となるので計4枚となります。

青少年券の方が当選しやすくなっているので29歳以下と同伴がオススメです。

駐車場付きはとても人気があるため倍率も高く、また駐車場から無料シャトルバスでの移動となります。

なので、個人的にオススメなのは倍率が低い方の駐車券なしの方で、駅から会場までは臨時直行バス(有料)やタクシーで移動の方がいいと思います。それでも28倍なのですごい倍率ですけどねf^_^;

大変人気なため年々とても混雑しており早朝から移動される方も多いので、余裕がある方は近くの宿に前入りするか、もしくは夜中に移動して会場付近に待機するなど工夫が必要ですね。

スポンサードリンク

 

会場までのアクセス

御殿場駅から会場までタクシーで行く場合、混んでなければ約20分、3000円ほどで行けます。

駐車場券をお持ちの方は、御殿場ICで降りてそこから国道を須走方向に向かい、指定されている各駐車場へ車を止めてそこから無料シャトルバスでの移動となります。

どちらも大変混雑するので、時間に余裕をもっていくことをオススメします。

 

持っていくと便利なもの

  • タオルやウェットティッシュ
  • レジャーシート
  • 飲み物
  • 日焼け止め
  • 雨天の場合レインコートや着替え
  • 双眼鏡(あると便利)
  • 団扇や扇子
  • 帽子

など

炎天下の中での見学となりますので、熱中症対策や日焼け止めは必須です。

また大変混雑しますので、疲れない歩きやすい靴や服装などで行かれた方がいいですね。

夏休みのお出かけにぜひ一度行ってみてください♪

 

スポンサードリンク