腰痛肩こりは必見!筆者が試したオススメのストレッチ器具まとめ!

こんにちは!

私はもう10年ほど腰痛に悩んでいます。今まで通った治療院も『40件』を超えていてそれを話すと毎回先生にびっくりされますが^^;

治療家泣かせの腰痛持ちで腰痛で有名ないろんな先生に今まで診てもらいました。中には一回3万取られる治療院もありましたが、施術してもらったのに帰りも痛みが引かないため別の治療院に受け直したこともあります。

治療してもらってラクになっても翌日には痛みが出たりで仕事中にも治療院に駆け込むことが日常的でしたが、いろんなところに行って気づいたのは結局自分の体は自分でしか治せないんですよね。

治療してもらって楽になってもその後も姿勢が悪かったり体の使い方が悪ければまた痛みは出てきますから。

痛いところを先生に言ったとしても自分の痛みを先生に共有できないんだし、昨日と同じところが痛むこともあれば違うところが痛くなってくることもあるしそれって自分にしかわからないですよね?

その痛みがどこからどこまで続いていてどんな痛みなのか?また、どこがどうこわばって痛いのか?どの体勢、どう動いたら痛むのか?なんて自分が一番よくわかっているんですから。

私は普段痛みの具合を見てジムに行って筋トレもやっていますが、こわばったところのストレッチをやることでかなり動きやすくなりました。

まだまだ奥の筋肉のこわばりと葛藤していますが、今回そんな腰痛持ちの私が使ってみてよかったオススメのストレッチ器具をまとめたので参考になれば嬉しいです!

スポンサードリンク

 

筆者が試したオススメのストレッチ器具まとめ!

1.ストレッチポール

最近ジムにも置いてあるのですでにご存知の方も多いと思いますが、『1つは家に置いていたほうがいい!』と言いたいくらい使っている1つです!

腰痛だからと腰周辺の筋肉ばかりに集中してしまいがちですが、体の筋肉は全身つながっています。上半身の筋肉がどれだけ緩んでいるかも重要なのです。

上半身が硬い(動きが悪い)場合、下半身の動きがスムーズに動きづらくなりそれが腰や股関節、膝などに負担がかかり痛みが出る場合があります。

例えば『ヘビ』のように柔軟にクネクネ動くにはどの筋肉も柔らかくないとあのように動くことはできません。もし、一部の場所が硬くなればその動きにブレーキが掛かっていることになりますので動きが制限されてしまい、どこかが頑張って動かすことになりそこに負担がかかってしまうということですね。

上半身の筋肉を緩ませることで動きがスムーズになり、腰や股関節など下半身の筋肉への負担も減るということです。私の体感ではいかに上半身を緩ませるかが重要だと感じています。

ストレッチポールはお家でテレビを見ながら出来ますし、『10分』くらいやるだけでも上半身がラクになるのでオススメです^^

 

 

 

スポンサードリンク